浴衣に関する情報が満載のサイトです。

『浴衣』 最新ツイート

@MIKISAKURA11

🌸Parfum着物のご紹介🌸 銀糸が織り込まれた生地は、上品にキラキラして高級感 https://t.co/GheoLhw0ei #作り帯 #着物 #レース着物 #帯 #兵児帯 #浴衣 #fashion #レース #振袖… https://t.co/jZqBUbxMvN

1分前 - 2018年12月11日


@nanaka_kuri

@karimohu4 僕も浴衣は推しコスですね。 2人で3時間くらいは語れそう()

1分前 - 2018年12月11日


体型別浴衣選びのポイント

夏のイベントに浴衣を着て出かけようと思っている人も多いのではないでしょうか。
巷には様々な柄の色がありどれを選んでいいか迷ってしまうことでしょう。
帯とのコーディネートも気になります。
そこで失敗しない選び方を体型別にご紹介します。
まず背が低く細身の人は全体を同色系でまとめることがポイントです。
色味もやわらかい暖色系の色を選ぶことによってふんわりとした女性らしさを演出できます。
背が低くてぽっちゃり気味の人はなるべく濃いめの引き締まった色使いを選びましょう。
紺色や青など寒色系の色も身体のラインを引き締めてくれるのでお勧めです。
背が高く痩せている人は柔らかい暖色系に大き目の柄を選ぶことで、全体の印象がやわらかくなりますよ。
背が高くぽっちゃりぎみの人は大き目の柄に縦ラインが入ったものを選ぶといいでしょう。
縦のラインは身体を細く見せる効果があるのでしまって見えます。
また背の高い人は浴衣の色と反対色の帯を選ぶことで全体的にメリハリがでます。
逆に背の低い人が反対色の帯を選んでしまうと身体が分断されて見えがちなので注意しましょう。
このように体型によって似合う色や柄の浴衣があるのでぜひ参考に、お気に入りを見つけてください。

大人コーディネートの浴衣

浴衣を夏の着物としても着たい場合には、ぺったりとした木綿(コーマ地)のものではなく、さらっとした手触りの麻やセオα、織り方に工夫がしてある錦紅梅やしじらなど、素材感のあるものを選ぶようにします。
着物と浴衣の違いは、半襟と足袋、ここに尽きます。
襟もとから白い半襟がのぞき、素足ではなく足袋を履いている、それだけで十分着物姿です。
さらに帯を半幅帯ではなく、夏帯をお太鼓にすればバッチリです。
白字や透け感のある素材のものは、裾よけや着物スリップなどを身につけておくようにしないと、下着が見えてしまいますので注意が必要になります。
お祭り浴衣のときには黄色や赤の半幅帯が多くなっていますが、それを白い帯に変えただけで、ぐっと大人っぽくなります。
リバーシブルの帯なら、片面を白や淡い色のものにすると楽しむことができます。
それとは別に、紺地に白、白地に紺、グレー地に藍などの大人柄で選ぶのも素敵です。
帯揚げや帯締めなどには葡萄色や朽葉色など、秋色を使うようにします。
そして半襟は絽や紗、麻などの夏素材で、あまりカラフルなものではないほうが涼しげに見えます。
綿麻の縞のものには、麻地に刺し子が施された夏帯で、しっとりと大人の雰囲気を出すといいでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

2018/7/26 更新

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)